あや音楽教室

試験問題解いてみた!その③

 

こんにちは^^

試験問題解説②はお読みいただけましたか?

 

今回は、問3のコード問題について解説します。

コードネーム問題について

コードネームを覚えるのって大変ではありませんか?

私はエレクトーングレードを受験する際に
コードネームを覚えることになったのですが、

コードネームを覚えるのが苦痛で(笑)

もうグレードなんていらない!!!

なーんてバカなことを考えていました^^;

でも、ある先生に、コードネームを書き出す宿題をだされ、、
そのときに、あることに気づいたんです。

解説の中でコードの解き方についても触れていますので
ぜひ参考にしてくださいね!

問3の問題内容

次のコードネームに当てはまる鍵盤の位置として正しい組み合わせを選びなさい

 

    ア    イ    ウ

F♯     ⑫⑮⑲  ④⑥⑫  ⑫⑯⑲

Gm   ⑨⑬⑰  ⑬⑯⑳  ①⑤⑧

B♭7 ②④⑧  ⑨⑭⑯  ⑧⑮⑯

Caug ②⑥⑩  ⑪⑭⑱  ⑥⑪⑭

 

(組み合わせ)

    F♯  Gm  B♭7  Caug

1   ア  イ    ア   イ
2   イ  イ    イ   ア
3   イ  ウ    ア   ウ
4   ウ  ア    ウ   ア
5   ウ  イ    ア   ア

問3の答えは・・・

問3の答えは5です。解けましたか?^^

納得できない!というそこのアナタ、
解説読んでくださいね♪

問3の解説

それではここからは、細かく解説させていただきますね。

F♯から順番に説明します。

【F♯】

まず、F♯はなんの音になるかわかりますか?
F=ファなので、ファ♯になりますね。

ということで、ファ♯を根音にしてコードを形成していきます。

こちらのコードはメジャーコードなので、

(1番下の音)根音+(3音=真ん中の音)長3度
+(5音=一番上の音)完全5度
※5音は根音から数えています。

となります。

したがって、
F♯→ファ♯、ラ♯、ド♯
になります。

これに当てはまるのは【ウ】ですね!

【Gm】

続いては、Gmです!
こちらはマイナーコードですね。

G=ソなので、根音はソ、

根音+(3音)短3度+(5音)完全5度
※5音は根音から数えています。

というわけで、

Gm→ソ、シ♭、レになります♪

すぐに鍵盤が触れる方はぜひ弾いて確認してみてください。

シの♭を省くと長3度になり、【G】というコードになりますよ。

これにあてはまる選択肢は【イ】ですね!!

【B♭7】

さて、次に出てきたのはB♭7です!

B♭はドレミファソラシドでいうと、シの♭のことですね。

こちらはセブンスコードですね。
セブンスは、その名の通りメジャーコードに7番目の音を付け加えた
コードです。

7番目は7番目でも、

短7度 なので気をつけてくださいね!

根音+長3度+完全5度+短7度 となります。
※5音、7音は根音から数えています。

というわけで、

B♭7→シ♭レファラ♭

となります。

ところで、伴奏を弾いていると「シファソ」っていう和音
よく弾きませんか?

これは、「ソシレファ」を転回(和音の順番を変える)して
5音を省略したものです。

こちらのコードも、転回して、5音を省略しています。
答えは「ア」の ラ♭シ♭レ になります。

セブンスコードでは5音を省略する形で出題されることが多いので
気をつけてくださいね!

【Caug】

最後はCaugというコードです。

augというコードはオーグ(ギュ)メントと読みますが、
これは、「増加させる」という意味があります。

ではどこをどう増加させるのかというと、
第5音を半音増加させます。

ということで、

Cメジャーコードの「ドミソ」のソに♯をつけて、

Caug→ドミソ♯ となります。

というわけで答えは ア になります♪

コードの覚え方

最初に少し書きましたが、コードネームって
覚えるのが大変なんです。

でも、コードは構成と、C=ドミソであることを知っていれば
けっこう楽に解くことができますよ♪

その解説はまた次回に♪

 

今回もお読みいただきありがとうございました^^

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA